交響詩篇エウレカセブン



泣いた。


超泣いた。


久々に泣いた。


ボロボロ泣いた。


ウォンウォン泣いた。


ドンちゃんは、これまで・・・

「I love you」が、最高の愛の言葉だと思ってましたが・・・

間違っていたようです。


どうやら、真の愛の言葉とは・・・

「相手の名前」のようです。┐(´д`)┌


なにせ、「ドンちゃん、愛してるよ」よりも・・・

「ドンちゃん!!ドンちゃん!!ドンちゃ〜〜〜〜ん!!」と絶叫する方が・・・

魂と魂が直に結びつく気がしますからね。


なんて言うか、「愛してる」は、どこか嘘くさいんですよね。

いやっ、嘘くさいと言うか、愛が「礼服」を着ている・・・

なんか、よそ行きな感じがするんです。


逆に、名前の絶叫は、礼服を脱ぎ捨て・・・

裸で、「愛」を叫んでいる気がします。


つまり、素の愛。

それが、相手の名前を呼ぶ行為。\(`・ω・´)


そのことを気付かせてくれたのが・・・

「交響詩篇エウレカセブン」と言うアニメ。


最近は、軽い感じで、キスやHが行われておりますが・・・

これって、どうなのでしょうか?


すぐにHをしてしまったら、次、どこを目指すのでしょうか?

Hの次の「I」「J」「K」???

それとも、他の人とのH???


例えば、いきなり、エベレストに登ってしまったら、どうでしょう?

また、自分の足で登るのではなく、ヘリコプターで登ってしまったら、どうでしょう?

エベレスト登山の価値なんて、なくなってしまいませんか?


つまり、Hやエベレストに価値があるのではなく・・・

その過程にこそ、価値があるんです。\(`・ω・´)


よって、そばにいられるだけで幸せ。

手を握るだけで幸せ。

抱きしめるだけで幸せ。

キスなんてしちゃた日には、もう昇天バラ色と、段階を経ることが大切な気がします。


また、段階を経ることで・・・

そばにいられなくて辛かったこと・・・

手を握れなくて寂しかったこと・・・

抱きしめられなくて悲しかったこと・・・

キス出来なくて悶々としたことなどが思い出として蓄積され行き・・・

そして、その蓄積された思い出こそが、恋愛関係の土台になるように思うのです。


でもって、土台のしっかりしていない建物は、もろいものです。

恋愛もまたしかりです。


その点、今回のアニメ「交響詩篇エウレカセブン」は・・・

「50話」かけて、土台を作っておりますので・・・

愛の価値は絶大!!\(`・ω・´)


すると、最後の感動も超特大!!(〃^∇^)o_彡☆


でもって、その反動から、心にポッカリと穴が空いて、何もやる気にならないドンちゃん。┐(´д`)┌


あぁ〜、ドンちゃんも、名前を呼び合うだけで幸せになれる、恋がしたい!!


いったい、ドンちゃんの「対」になる相手は、どこにいるんだ?


教えてくれ、コンパクドライブ〜〜!!





えっ、ゴンジイ?Σ( ̄□ ̄!)

・・・ってことで、ドンちゃんからエウレカファンへのささやかな贈り物。それが・・・

エウレカセブン占い

エウレカファンの同志は、軽く遊んで行ってね!!( ^^) _旦~~


ところで、ストーリーを知らなくても、パチスロ楽しめたけど・・・

ストーリーを知ると、更に楽しめるんだろうな。( ´艸`)ムププ


・・・ってことで、半年振りにエウレカ打ちに行くか!!(〃⌒∇⌒)ゞ


泣いた。


超泣いた。


久々に泣いた。


ボロボロ泣いた。


ウォンウォン泣いた。


10万円負けて、ドンちゃんの心と財布にポッカリと穴が。┐(´д`)┌


エウレカって、本当に泣けます。(ノД`)


【HOME】
(C)パチンコ情報局