パチンコトーク(37)




まずは、こちらからお読み下さいませ。
【初回】
◆パチンコトーク(1)
【前回】
◆パチンコトーク(36)



女:ドンちゃんは、広い視野で、色々考えてるよね。


男:ううん。「女の子にモテたい」ってことしか考えてないよ。


女:???




男:まぁ、結局のところ、生物ってのは・・・

  「子孫を残す」ってのが、命題だからね。


女:ふむふむ。((φ(-ω-)カキカキ




男:よって、すべての道はローマに通じる。

  男の頑張りは、「女の子にモテたい」に通じる!であります。


女:アハハハッ。( ̄▽ ̄)




男:でも、全然モテないんで、キャバのカモ客やってます。┐(´д`)┌


女:アハハハッ。(≧∇≦)

  でも、ドンちゃんは、しっかりしてるし、モテると思うんだけどなぁ。




男:「ダメ男」を彼氏にしている君に言われても、説得力ないよね。


女:アハハハッ。(〃∇〃) てれっ☆




男:やっぱ、ダメ男の方が・・・

  「私がいなければ」みたいな母性本能をくすぐってモテるのかな?


  ん〜、ドンちゃんも、ダメ男になろうかなぁ〜。

  ・・・と言うか、十分、ダメ男なんだけどね。┐(´д`)┌


女:ダメ男って、自分を「ダメ男」だと思ってないんだよ。


  だから、ダメ男って思ってる、ドンちゃんは、ダメ男じゃないの!




男:さすが、ダメ男専門家!鋭い指摘!\(`・ω・´)


女:アハハハッ。( ̄▽ ̄)




黒服:お客様、そろそろ閉店のお時間ですので・・・

   ご精算の方、お願いします。


男:えっ?もう閉店?Σ( ̄□ ̄!)

  今日は、始発まで飲もうと思ってたのに。┐(´д`)┌


黒服:すみません。(請求書を手渡す)




男:ん????

  なんか、高くない???


黒服:すみません。セット料金が、1時間から50分に変更になりまして。




男:えぇ〜〜〜???

  マジで〜〜???

  そう言うことは、入店時に言ってくれないと!!!( ̄^ ̄)凸


黒服:すみません。(ノД`)




男:まぁ、お兄さんに言っても仕方ないんで・・・

  お兄さんには、笑顔で払っておくね。ヾ(^-^;)

  でも、店長には・・・

  「お客さんが、鬼のように怒ってました」って言っといてよ。( ̄^ ̄)凸


黒服:アハハッ。分かりました。(お金を持って退席)




女:ドンちゃん、値上げ知らなかったの?


男:ううん。知ってるよ。( ̄ー ̄)ニヤリ




女:えっ?じゃぁ、なんで???


男:一つは、ギャグ。\(`・ω・´)

  一つは、抗議。\(`・ω・´)

  そして、もう一つは君の為さ。\(`・ω・´)


女:???




男:今日のドンちゃんの「豪遊ぶり」を見たら・・・

  店長なり、担当なりは、必ず・・・

  「ドンちゃんを呼べ!」と君に命令するに違いない。


女:ふむふむ。((φ(-ω-)カキカキ




男:でも、ドンちゃんを店に呼ぶことは出来ない。

  すると、店長なり、担当なりは・・・

  「お前の魅力(営業)が足りないからだ!」って君を責めて来る。


女:ふむふむ。((φ(-ω-)カキカキ




男:しかし、値上げのことで、ブチ切れて・・・

  「もう店に来ない」って、ドンちゃんが言っておけば・・・

  店長なり、担当なりが君を責めることは出来ない。

  逆に、君が値上げした店側を責めることが出来る。


女:そこまで考えてくれてたんだ。(ノД`)




男:すべては、女の子にモテる為にね。(^_-)---☆Wink


女:アハハッ。(≧∇≦)




男:じゃぁ、またね。


女:また、来てねぇ〜!!!ヾ(>▽<)o




男:おぅ!「使徒、たびたび」が出たら、また来るよ!!!


女:アハハハッ。バイバイ〜〜!!ヾ(>▽<)o



(帰り道)



男:あちゃ〜、根こそぎ持っていかれちゃったよ。。゚(゚´Д`゚)゚。

  ん〜、これじゃ〜、「使徒、再び」じゃなく・・・

  「使途不明金、再び」だね。全く。┐(´д`)┌


【HOME】
(C)パチンコ情報局