パチンコトーク(16)



まずは、こちらからお読み下さいませ。
【初回】
◆パチンコトーク(1)
【前回】
◆パチンコトーク(15)



男:あっ、そうそう。

  ドンちゃん、何年か振りにパチンコに復帰したんだけど・・・

  一番びっくりしたのが、大当たり時の「出玉削り」だね。


女:出玉削り?(-ω- ?)




男:大当たりすると、大当たり入賞アタッカーが開くでしょう?

  でもって、そこに玉が、9個くらい入って・・・

  大当たりの出玉を稼ぐんだけど・・・

  なかなか、9個入ってくれない。

  時には、9個入らないこともある。(ノД`)


女:ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!




男:ん〜、アクエリオンの歌が、また始まった時には・・・

  思わず、「連チャンか?」と喜んだのに・・・

  単に、「長〜〜い大当たり」だと言うことが分かった時には・・・

  マジで、胃が痛くなったね。|)゚0゚(| ホェー!!


女:┐(´д`)┌




男:なぜに、ストレスの解放である「大当たり」で・・・

  胃が痛くならないとアカンねん!!!

  気持ちよく、大当たりを消化させてくれ!!!って感じ。


女:全然、気にしたことなかったけど・・・

  なぜ、そんなことするんだろう?




男:決まってるじゃん!

  出玉を減らして、客の利益を少なくする為だよ。


女:ガ〜ン!Σ( ̄□ ̄!)




男:例えばさぁ。もし、大当たりアタッカーに・・・

  1つも玉が入らない釘調整になってたら、どうなると思う。


女:???




男:大当たりしても、出玉ゼロ!

  つまり、大当たりは、全く無意味になる。


女:ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!




男:よって、玉が入らない釘調整にすればするほど・・・

  大当たりの価値を減らせるんです。


女:ふむふむ。((φ(-ω-)カキカキ




男:ちなみに、2回目のアクエリオンの歌が始まった台の出玉は・・・

  1回目の歌で終わる台よりも、「100個」くらい少なくなるので・・・

  ボーダーラインが「1〜2個」悪化する。


女:( ̄^ ̄)凸




男:その昔、確変や時短に影響する「電チュー」のスルーを・・・

  玉が通らないように、ガンガンに締められた台があって・・・

  大当たりしたのに、大当たりの出玉を全部取られて・・・


  更に、「確変」だから、止めるにやめられなくて・・・

  現金投資に追い込まれた苦い経験がある。


女:最悪じゃん。( ̄^ ̄)凸




男:それまでは、デジタル入賞口の釘だけを見てたんだけど・・・

  それからは、スルーの釘も確認するようになったからね。


  でもって、今は、大当たりアタッカーの釘も・・・

  確認しなくてはならなくなったみたいだね。

  ん〜、世も末ですな。


女:そんな、遠い目をしなくても。




男:まぁ、デジタルが回る台自体がないんで・・・

  それ以外の釘を確認する機会もないんだけどね。アハハッ。( ̄▽ ̄)


女:アハハッって、笑ってる場合じゃないような。




男:ドンちゃんは、「勝てる台」がなければ・・・

  パチンコすることがないんで、笑ってられるけど・・・


  そうじゃない人は、笑ってられませんよね。

  出玉削りのように・・・

  いたるところに、ボーダーを下げる「ワナ」が仕掛けられてる訳ですからね。


女:ガ〜ン。Σ( ̄□ ̄!)




男:でもって、それらのワナに全部掛かった上で・・・

  更に、自ら、ワナを作って、それにハマってる人達がいる。


女:???


◆パチンコトーク(17)へ


【HOME】
(C)パチンコ情報局