パチンコトーク(8)



まずは、こちらからお読み下さいませ。
【初回】
◆パチンコトーク(1)
【前回】
◆パチンコトーク(7)



男:例えば、ジャンケン勝負の参加料が「100円」で・・・

  勝つと、「300円」がもらえる大会と・・・

  勝つと、「400円」がもらえる大会とがあった場合・・・

  どちらに参加します?


女:400円に決まってるじゃん。




男:ジャンケンは、「勝ち」「あいこ」「負け」で、それぞれ3分の1。

  100円の参加料を払っても、賞金が300円だと・・・

  基本的にチャラ。

  でも、賞金が400円だと、1回あたり「33円」ずつ儲かる計算になる。


女:ふむふむ。((φ(-ω-)カキカキ




男:でも、賞金が「300円」のジャンケンでも・・・

  連続して勝てば、大勝ち出来ますし・・・

  連続して負ければ、大負けもあります。


  もちろん、「400円」のジャンケンでも、大勝ち、大負けはありますが・・・

  どちらの大会に参加しますか?と問えば・・・

  400円に決まってるじゃん!となる訳です。


女:ふむふむ。((φ(-ω-)カキカキ




男:つまり、短期戦の場合は、どちらでも、大した問題はありません。

  しかしながら、長期戦になりますと、この差が大きく影響して来るんです。


女:ふむふむ。((φ(-ω-)カキカキ




男:でもって、パチンコ好きは、それこそ、うん十年の長期戦をやる人もいますし・・・

  たまにすると言う人も、合算で見ますと、十分に長期戦と言える訳です。


女:ふむふむ。((φ(-ω-)カキカキ




男:よって、その日の「収支」などに捉われてはなりません。

  捉われなければならないのは、「ラッキー玉」を利用し尽くすことだけであります。


女:ふむふむ。((φ(-ω-)カキカキ




男:つまり、連チャンで積み上げたドル箱が・・・

  「全部飲まれた」ことを嘆くのではなく・・・

  「全部飲ませてやったぜ」と喜ぶことこそが、勝利の方程式なのです。


女:えぇ〜〜。なんか、納得出来ない。




男:ドル箱20箱を交換すると、9万円。

  ドル箱20箱分の玉を買うと、12万円。


  例えば、20箱をそのまま飲まれた場合は、9万円の損失に過ぎないが・・・

  20箱分を交換し、次の日に20箱分の大ハマリを食らった場合は・・・

  12万円の損失となる。


  よって、「全部飲ませてやったぜ」は「3万円」分勝ったことになる。

  だから、十分に喜べると言うものなのさ。


女:う〜ん。( ̄へ ̄|||) ウーム




男:この辺を理解出来ないことには、「勝ち組」にはなれないよ。


  ん〜、キャバで言うなら、最初のワンセットは特別割引で「5000円」なのに・・・

  延長料金は、正規料金なので「1万円」になる場合とかあるじゃん。


女:あるある。




男:こう言う店では、ワンセットで帰るのが、お得な遊び方でしょう?


  まぁ、店や女の子には嫌われるけどね。( ̄ー ̄)ニヤリ


女:アハハハッ。( ̄▽ ̄)




男:それと同じで、お得なラッキー玉は使えるだけ使って・・・

  正規料金の時は、なるべく遊ばない!ってだけであります。


女:なんか、分かった気がする。ヾ(^-^;)




男:「換金率」が理解出来たら・・・

  次は、「無駄玉を打つな」です。


女:無駄玉を打つな?(-ω- ?)



◆パチンコトーク(9)へ


【HOME】
(C)パチンコ情報局