パチンコトーク(4)



まずは、こちらからお読み下さいませ。
【初回】
◆パチンコトーク(1)
【前回】
◆パチンコトーク(3)



男:パチンコのプログラムの肝となるのが・・・

  「当選確率」と「出玉数」であります。


女:ふむふむ。((φ(-ω-)カキカキ




男:アクエリオン(MFタイプ)を例にしますと・・・

  当選確率「309分の1」、出玉数「約4560個」


  ちなみに、出玉数は「初当たり1回」に対してです。

  つまり、単発も、連チャンも平均して考えたものです。


女:ふむふむ。((φ(-ω-)カキカキ




男:よって、「4560個」で「309回」のデジタルを回せれば・・・

  収支はトントン。チャラになると言う計算となります。


女:ふむふむ。((φ(-ω-)カキカキ




男:ちなみに、通常は、1玉4円ですので・・・

  「4560個」は、18240円。


  つまり、「18240円」で、「309回」のデジタルを回せれば・・・

  チャラになりますので・・・


  1回のデジタルを回すのに必要な金額は「約60円」

  また、1000円で必要なデジタル回転数は「約17回」となります。


女:ふむふむ。((φ(-ω-)カキカキ




男:よって、1000円で「17回」以上、デジタルを回すことが出来れば・・・

  勝てる計算となり・・・

  この勝てる計算が成り立つパチンコ台を打つことこそが・・・

  「勝利の方程式」となるのであります。\(`・ω・´)


女:ふむふむ。((φ(-ω-)カキカキ




男:つまり、1000円で、何回デジタルが回るかだけが問題であって・・・

  その他の「魚群」だとか・・・

  また、「爆発台」「大ハマリ台」等は、無視してOK!


女:でも、爆発台は、よく当たるし・・・

  ハマル台はハマるよ!( ̄へ ̄|||) ウーム




男:はい。まだ、擬人化してますね。


女:???




男:爆発台が、よく当たるとか、ハマル台はハマるとかは・・・

  すべて、「人間」の感想なだけであって・・・

  パチンコ台自身は、何の感想も持ち合わせておりません!!!


女:???




男:何度も申しますが、パチンコ台は、「機械」です。

  でもって、当たろうが、ハマろうが、機械は変化しません。

  つまり、当たる確率は、いつも「309分の1」


  それを、今日は、この台は「機嫌がいい」とか「悪い」とか・・・

  「擬人化」して、パチンコ台が、機械であることを忘れ・・・

  別なる「論理」を立てようとしている人が多すぎます。


女:じゃぁ、爆発台も、ハマリ台も、関係ないの?



◆パチンコトーク(5)へ


【HOME】
(C)パチンコ情報局