【HOME】新人キャバ嬢「虎の巻」>新人キャバ嬢「虎の巻」(19)

新人キャバ嬢「虎の巻」(19)

目次一覧表はこちら


 

男:また、この辺は、通常の恋愛にも言えることだったりする。

  つまり、最近の若者は、簡単にHする傾向にあるんだけど・・・

  これは、自らの価値を落とす行為なんだよね。

女:???

男:何度も言うようだけど、男ってのは、「Hしたい」と言う下心によって・・・

  突き動かされている生き物なんです。

  でもって、「H」してしまうと・・・

  その下心が満たされてしまい、動かなくなってしまうんです。

  例えば、Hする前は、家まで送って行くと言ってたのに・・・

  Hした後は、一人で帰ってくれ!って言いだしたりね。

女:それありますね。(ノД`)

男:更に、女の子も、一度、体を許してしまうと・・・

  次からは、こばめない、こばんではならない!

  ・・・と考えてしまう所があるんですよね。

女:確かに。

男:よって、男からすると、一度、H出来ると・・・

  その後は、簡単にH出来る図式となるんです。

  でもって、「簡単」と言うのは・・・

  「限定」や「非売品」と逆の意味なので・・・

  価値を見出せなくなると言うことなんです。

女:ふむふむ。((φ(-ω-)カキカキ

男:だから、価値を求めて、他の女に行く!

  彼氏のことが好きで、気分じゃない時も、Hをこばまずに・・・

  また、感じてるフリまでしてあげたのに・・・

  これじゃ〜、女の子が可愛そ過ぎだよね。

女:ほんとに・・・。(ノД`)

男:だから、彼氏のことが好きであれば・・・

  あえて、「Hをさせない!」ことも大事なんです。

  なにせ、「H」が出来なければ、男は、そこに価値を見出して・・・

  再度、チヤホヤしてくれるようになるからね。

  でもって、これは、男女ともに幸せと言うものなので・・・

  相手の為に、あえて、「Hをさせない!」と言う思考を・・・

  きっちりと押さえておくべきだね。

女:ふむふむ。((φ(-ω-)カキカキ

男:だから、「枕」をするにしても・・・

  すぐに応じるのではなく、また、毎回応じるのではなく・・・

  「私をその気にさせたらね」と、あえて、ハードルを設けておくといい。

女:ふむふむ。((φ(-ω-)カキカキ

男:ちなみに、これは、高級クラブのママ系が、よく使う手なんだけど・・・

  応じるのが自分の気分次第なので、「枕」とは言わずに・・・

  「大人の恋愛」ってことになるんだよね。

女:ふむふむ。((φ(-ω-)カキカキ

男:また、キャバの新人さんは、いきなり「枕」に走る子が多かったりもする。

◆新人キャバ嬢「虎の巻」(20)へ

【HOME】新人キャバ嬢「虎の巻」>新人キャバ嬢「虎の巻」(19)