【HOME】給料5万円アップの接客術>接客中タバコの是非

接客中タバコの是非


ドンちゃんのお気に入りブログで・・・


キャバクラでの「タバコ」についての記事がありましたので・・・


ちょっと考えてみたいと思います。

 

さて、キャバ嬢が、席でタバコを吸うのはアリなんでしょうか?


それとも、ナシなんでしょうか?

 

まず、第一に・・・


マクドナルドの店員さんが、タバコを吸ってますでしょうか?


ファミレスの店員さんが、タバコを吸ってますでしょうか?


コンビニの店員さんが、タバコを吸ってますでしょうか?

 

おそらく、チェーン店化しているような大規模店では・・・


接客中のタバコは、厳禁だと思います。

 

また、小規模店でも、店オーナーが吸ってるくらいで・・・


下っ端のタバコは許されていないと思います。

 

つまり、社会的には、タバコを吸っての接客はNGだと思うのであります。

 

また、接客の基本は、客を楽しませることであります。


でもって、楽しませる為には、客の要望に沿うことが重要となります。

 

さて、女の子に「タバコを吸って欲しい」と言う要望は・・・


どれほどあるのでしょうか?

 

ん〜、お酒を飲ませると、何か楽しいことがあるかも?


また、タバコ以上のものを吸わせると、楽しいことがあるかも?←ダメですよ!

 

・・・と考える人はいても・・・


タバコを吸わせて何とかしようと言う人はいないのではないでしょうか?

 

よって、「タバコを吸って欲しい」と言う要望は、ほとんどないと思われます。

 

・・・にも関わらず、女の子がタバコを吸う。

 

まぁ、客が喫煙者の場合は、「我慢の苦しさ」を理解しておりますので・・・


消極的許諾を与えると思いますが・・・

 

非喫煙者の場合は、消極的許諾を与えるのも、結構なストレスとなります。

 

お金を払って、ストレスを買う。

 

こんなバカらしいことはありませんよね?

 

でもって、タバコを吸う子さえ来なければ、こんな思いしなくて済むのであります。

 

さて、キャバ嬢は、タバコを吸うものだと思って、客が我慢すべきでしょうか?


それとも、キャバ嬢が、タバコを吸うのを我慢すべきでしょうか?

 

また、ここで、店側のスタンスも考えたいと思います。

 

ドンちゃんが知る限り・・・


待機中に、女の子の喫煙を許している店はなかったと思います。


(客から見えない控え室ではOKですが、客に見えるところではNG)

 

つまり、店側も、タバコがマイナス作用することを知ってる訳です。

 

・・・にも関わらず、接客中のタバコは許諾する。

 

その為、待機中にニコチン切れとなり・・・


席に着いた瞬間にタバコを吸う女の子に、遭遇したりします。

 

まるで、トイレを我慢していたように・・・


会うなり、「タバコ吸っていいですか?」ですので・・・

 

完全に、「タバコ>客」であります。

 

ちなみに、気持ち良く一服するのを3分としますと・・・


1分100円(1時間6000円)のセット料金の店で、300円。

 

チッ!300円くらいで、ガタガタ言うなや!ボケ!


ガタガタ言う貧乏人は、キャバに来るな!アホ!

 

・・・ってな声を聞こえて来そうですが・・・


自動販売機で、120円入れて、ポチッと押したのに・・・


ジュースが出て来なかったら、どう思います?

 

値段にすると、「120円」の損失ですが・・・


気持ち的には、かなり「イラッ」と来ませんか?

 

でもって、キャバは、「イラッ」の反対を売りものにしている訳ですので・・・


「イラッ」とさせるのは、致命的だと思うのですが、どうでしょう?

 

よって、イラッとした場合は、3分300円のロスでは済まず・・・


その子の持ち時間20分・・・


いや、そのセットそのものをロスさせてしまうことにもなりかねないのであります。

 

・・・ってことで、頼むから、店長!


席に着く前に、一服させてあげて下さい!

 

ん〜、ガソリンが入っていない車をレンタカーさせるみたいなもんですよ。


でもって、いきなりガス欠でJAFなんて、おかしいでしょう?

 

ちなみに、店側は分かってて、そう言うシステムにしてたりもします。

 

つまり、タバコを吸いたければ、席に着け!


席に着きたければ、客を呼べ!

 

・・・ってことで、わざとニコチン切れにさせてたりするのであります。

 

しか〜し、着席するなり「タバコ吸う接客」では・・・


客を獲得することなど出来ませんので、逆効果!

 

よって、客の悪口とタバコは、裏でして!と思う次第であります。

 

しかしながら、タバコには禁断症状がありますので・・・


出ずっぱりの場合は、客席での喫煙も考えなければなりません。

 

よって、席で吸うタイミングについても考えてみたいと思います。

 

まず、客の許諾なく、タバコを吸う女の子がいますが・・・


これは、かなりNGであります。

 

なぜなら、客が喫煙者ならまだしも、非喫煙者の場合は・・・


「ドカ〜ン」と、客が爆発してしまう可能性がありますからね。


警告:非喫煙者にタバコの火を近づけてはなりません!

 

よって、タバコを吸う場合は・・・


必ず、「タバコ吸っていいですか?」と聞く必要があるのですが・・・


非喫煙者にとっては、タバコを許諾するのも・・・


精神的苦痛が、かなり大きかったりします。

 

・・・と申しますのも、非喫煙者は・・・


自分の健康が損なわれるのは嫌だ!と同時に・・・


相手の健康が損なわれることも嫌だ!と思っているからです。

 

よって、非喫煙者の席で「タバコ吸っていいですか?」もNGであります。

 

その為、喫煙者か非喫煙者かを事前に見分ける必要が出て来ます。

 

まず、灰皿。テーブル上のタバコ・ライター。ポケットの膨らみ具合等を・・・


さりげなくチェックしましょう。

 

でもって、タバコの痕跡がない場合は・・・


さりげなく、灰皿を客前に、移動させてみましょう。

 

非喫煙者の多くは、灰皿を見るのも嫌いだったりしますので・・・


「俺、タバコ吸わないから、灰皿はいいよ」


・・・等のアクションが見られる可能性があります。

 

また、ノーアクションの場合は、タバコのことは諦めましょう!


更に、「タバコ吸わないんですか?」等と、突っ込んで聞きますと・・・


逆に「君はタバコ吸うの?」と聞き返され・・・


客が非喫煙者の場合は、「吸う」と回答した瞬間に、そっぽを向かれ・・・


また、「吸わない」と回答しても、「疑惑」の目で見られ・・・


指名獲得のハードルを自らあげることにもなりかねませんからね。

 

まぁ、タバコを吸うキャバ嬢からしますと・・・


非喫煙者の客などいらない!と思うかもしれませんが・・・

 

非喫煙者を除外しますと、かなりパイ(市場)が縮小してしまいますので・・・


どうしても、稼ぎにくくなってしまいます。

 

また、自分が客に合わせるのではなく・・・


客を自分に合わせようと言う思考をとりますと・・・


タバコだけではなく、金持ちがいいだとか、綺麗に遊ぶ客がいいだとか・・・


ドンドン、ドンドン、ターゲット層を狭めて行きますので・・・


結局、行き詰ることになってしまうのであります。

 

よって、自分に出来るのは、自分を変化させること!


そう思って、自分を客に合わせる方向で考えた方がいいと思います。

 

ちなみに、裏では、超ヘビースモーカーの女の子が・・・


「タバコなんて吸ったことありませんよ。エヘッ」


・・・と、可愛い子ぶって、人気嬢になってたりしますので・・・


善悪の区別は別にして、稼ぎたいのであれば、絶対そっちをオススメします。

 

・・・ってことで、白い煙は・・・


キャバを卒業する時に、客に手渡す、玉手箱の中に閉まっておきましょう!

 

【HOME】給料5万円アップの接客術>接客中タバコの是非