アゲマン嬢


基本的に、「夜の世界」は・・・


「小悪魔」「大魔王」の管轄下となっておりますので・・・


破滅に導かれる場合が多いのですが・・・

 

ごくまれに、成功に誘ってくれる「天使」「菩薩」が存在しております。

 

そう、それが「アゲマン嬢」であります。

 

しかしながら、「ナイチンゲール」や「マザーテレサ」が・・・


夜の世界に存在する訳ではありません。

 

もちろん、Hすると運気が上昇する・・・


不思議な「性器」を持っている女性が存在する訳でもありません。

 

逆に、「カネ」も「精気」も最大限に吸い取ってやる!


・・・と言った「悪の権化」の女性こそが・・・


「アゲマン嬢」の正体だったりするのであります。


では、なぜに、「悪の権化」が「アゲマン嬢」たりえるのでしょうか?


その答えは、「カネ」も「精気」も最大限に吸い取ってやる!


・・・と言う超シビアな考えの中にあります。

 

でもって、そのことを説明する前に・・・


次の例題について考えてみて下さい。

 

あなたが、「ニワトリ」(1000円)を飼っていたとします。


その「ニワトリ」は、1日1個(10円)のタマゴを産むとします。

 

さて、あなたは、ニワトリを売りますか?


それとも、タマゴを売りますか?

 

ここで、ニワトリを売る方を選んだ人の利益は「1000円」です。


でもって、タマゴを売る方を選んだ人の利益は・・・


ニワトリがどれだけ生き続けるかによりますが・・・


もし、100日以上生き続けますと、「1000円」を超えることとなります。

 

よって、強欲に最大限の利益を追求しようと考えた場合は・・・


「タマゴを売る」方を選ぶこととなります。

 

しかしながら、目先の利益的には・・・


ニワトリを売る方が「1000円」で・・・


タマゴを売る方は「10円」ですので・・・

 

強欲に見えるのは、ニワトリを売る方だったりします。

 

さて、少しは見えて来ましたでしょうか?

 

つまりですね。


「小悪魔嬢」は、一見、強欲に見えるのですが・・・


実際は、「1000円でヨシ!」とする目先利益派であって・・・

 

本当に強欲なのは、最大利益の獲得を試みる「アゲマン嬢」の方なのであります。

 

しかしながら、「ニワトリ」(お客)の立場で考えるとどうでしょう?

 

やはり、即死の小悪魔嬢よりも・・・


寿命をまっとうさせてくれるアゲマン嬢の方が良いですよね?

 

でもって、アゲマン嬢の場合は・・・


「ニワトリに死なれては損だ!」とばかりに・・・


飼育環境を良好な状態に保ってくれる可能性がありますし・・・


また、1個「10円」のタマゴよりも、1個「20円」のタマゴとして売ろうと・・・


良好な飼料を与えてくれる可能性もあります。

 

よって、ニワトリ的にも「ギブ&テイク」の関係となりますので・・・


超強欲にも関わらず、「アゲマン」の存在となるのです。

 

また、この最大限の利益を上げる考え方は・・・


一流の経営者の考え方と同質のものですので・・・


「アゲマン嬢」は、一流の経営者としても捉えることが出来るのであります。

 

でもって、一流の経営者のビジネス手法と言うのは・・・


多いに学ぶべきものがありますので・・・


「アゲマン嬢」に通っておりますと・・・


経営者の才能(マネジメント能力)が開花する場合が、多々あるのであります。

 

そう考えますと、「アゲマン嬢」は・・・


一流の経営者養成スクール講師のようなものですので・・・


多額の「授業料」を払っても、十分に採算が合ったりします。

 

よって、男も女も、夜の世界で目指すべきものは、アゲマン嬢!!!

 

・・・ってことで、近日創刊!


「小悪魔 ヨリ アゲマン蝶」(^o^)/