【HOME】給料5万円アップの接客術>細客の母となれ!

細客の母となれ!


キャバ嬢と言うのは、ある意味、「個人事業主」である。


よって、きちんと、「経営」について考えた方が良い。


でもって、「経営」の基本は、安定的な利益獲得にある。

その為、薄利多売をモットウとしている経営者は多い。


なぜ、薄利多売が良いかと申しますと・・・

例えば、100人のお得意先があり、一人当たり1万円の利益をもたらす場合と・・・

1人のお得意先があり、そのお得意先が100万円の利益をもたらす場合とでは・・・

安定度が、絶対的に違うからです。


前者は、お得意先が一人消えても、99万円の利益を確保出来ますが・・・

後者は、利益自体がなくなってしまいます。


また、後者は、大企業の「下請け」に多く・・・

お得意先に逃げられますと、そのまま倒産してしまいます。

その為、無理な要求を断ることが出来ず、常に経営に苦しんでいたりします。


これをキャバクラに当てはめますと・・・

前者は、多数の細客をつかむ営業であり・・・

後者は、少数の太客のみをつかむ営業と言えるように思います。


でもって、多くのキャバ嬢は、「少数の太客」営業を志す傾向にあります。

もちろん、完全に間違いと言うことではありません。


世の中には、プライベートバンク等・・・

一握りの超お金持ちだけを相手にしたビジネスが、きちんと存在していますからね。


しかしながら、それらのビジネスも、一人、二人を相手にしている訳ではありません。

やはり、安定するだけの顧客数は、きちんと持っているのであります。


また、視野を広げ、キャバクラ業界全体で見ますと・・・

安定するだけの顧客数は確保されているように思います。

(店はつぶれても、キャバクラ自体は存続してますからね)


しかしながら、女の子、一人一人にスポットを当てますと・・・

とてもじゃないですが、安定的とは言えないように思うのであります。


よって、多くのキャバ嬢が、不安定な事業となり・・・

飛ぶ(廃業)か、病む(休業)かしているように思います。


ん〜、人間にとって、重要なのは・・・

「生命」であり、「健康」ではないでしょうか?


なにせ、お金があっても、死んだり入院してたりしますと、宝の持ち腐れですからね。

よって、不安定な事業から、安定的な事業を目指すべきだと思うのであります。


でもって、その為には、「太客」志向を捨て、「細客」志向で行くべきであります。


また、「短期」志向を捨て、「長期」志向で行くべきでもあります。


しかしながら、多くのキャバ嬢は・・・

「短期で太客から稼ぐ」ことを希望する傾向にあります。


また、その傾向がゆえに・・・

「短期」「太客」志向は、非常にライバルの多い、激戦区となっております。


さて、ここで問題です。


大きい魚一匹に対して、100人が釣りしている所と・・・


小さな魚100匹に対して、一人が釣りしている所とでは・・・


どちらがお得だと思いますか?


ちなみに、100人の方は・・・

ライバルよりも釣りがうまくないと釣れませんが・・・


100匹の方は、釣りがうまくなくとも、釣れる可能性があります。

(いわゆる「入れ食い」ってやつですね)


よって、ライバルの少ない「細客」を狙う方が・・・

生き残れる可能性が高いように思うのであります。

(ある意味、他のキャバ嬢が敬遠する、「肝客・ウザ客」狙いはアリです)


いやいや、「細客」を狙っているキャバ嬢も多いよ!

・・・との指摘もあるように思います。


しかしながら、「細客」ターゲットのキャバ嬢の多くが・・・

「細客」を殺す傾向が強いように思います。

つまり、「太客」の代用として「細客」をターゲットにしているのであります。


また、「短期」志向のキャバ嬢も多いですので・・・

その結果、「短期」で「細客」を殺してしまう傾向が強いのであります。


ん〜、いくら細客を集めましても、殺してしまっては、安定など望めません。


よって、「殺さない」ことこそが、必須となるのです。


つまり、「細客」を「細客」のまま、「殺さず」に集める!

これこそが、健康で安定的にキャバで稼ぐ方法なのです。


具体的には、近視眼的な店のプレッシャーなど無視して・・・

必ず、ワンセットで帰す!


ドリンク等、一切頼まず、セット料金で帰す!

この細客マニュアルを忠実に実践することであります!!!


ん〜、男と言う生き物は、女の子の期待に弱いところがあります。


だからこそ、キャバ嬢は、「延長」や「ドリンク」を獲得出来るのです。


しかしながら、その場(舞い上がっている時)はいいのですが・・・

冷静になると、落ち込んでしまいます。


なぜなら、「見栄」と言うものは、「本体」以上に見せる行為ですので・・・

そのギャップ分は、必ず、ダメージを受けるからであります。


よって、女の子の期待が「ワンセット」のみですと・・・

「見栄」をはる部分が非常に少なくなりますので・・・

ほとんどダメージを受けず、弱体化しなくて済みます。


また、かすり傷程度のダメージであれば、日常生活に影響ありませんが・・・

骨折となりますと、影響が出て来てしまいますので・・・

常に相手の自然治癒力(財政事情)の範囲内に・・・

ダメージを抑える配慮が必要となります。


つまり、「致命傷を与えない」ことが、安定への第一歩となるのであります。


また、安定は心に余裕を生み、仕事のつらさを軽減します。

そして、余裕のある接客は・・・

更にお客を増やすと言う好循環に繋がるのであります。


よって、「太客を狙わず」「細客を殺さず」

「細客」を「細客」として、大切に育てて行く。


つまり、「オンナ」の部分よりも、「母」の部分・・・

そう、母性でお仕事に臨むと、良いかもしれません。


なにせ、男なんて、いくつになっても、子供ですからね。


【HOME】給料5万円アップの接客術>細客の母となれ!