【HOME】口説き術>小悪魔を落とす方法

小悪魔を落とす方法


キャバクラと言うものは・・・


「友達営業」と「色恋営業」で成り立っているのですが・・・

 

男のミイラを量産しているのは、圧倒的に「色恋営業」であります。

 

やはり、友達の為に命を賭ける「メロス派」よりも・・・


女の為に命を賭ける「エロス派」の方が多いと言うものですからね。(^^ゞ

 

でもって、この「色恋営業」の使い手こそが・・・


「小悪魔系」の女の子であります。

 

よって、小悪魔系の女の子にハマりますと・・・


ミイラになるミライが待っていると言っても過言ではないでしょう。

 

また、ミイラになる過程で、「借金」をする男性が多いのですが・・・


はっきり言って、無駄!無駄!無駄!←ジョジョの奇妙な冒険風味(^^ゞ


なぜなら、小悪魔系は・・・


「借金するほど、私のことが好きだったのね。」(胸キュン)


・・・とは、絶対にならないからであります!!!!

 

もし、仮に「胸キュン」するタイミングがあるとしたら・・・


それは、「貯金がガッポリある!」と分かったタイミングですので・・・

 

「借金がガッポリある」とは、真逆と言うものであります。

 

よって、ミイラになりたくないのであれば・・・


借金の限度額をライフポイントとするのではなく・・・


貯金がなくなった時点で、ゲームオーバーとすべきであります。

 

また、借金するまで通うよりも・・・


逆に、通う回数を減らして、貯金額をアップさせて行った方が・・・


口説ける確率が上がると言うものですしね。

 

更に言えば、振られた時の捨て台詞に・・・


「いつか、必ず、いい男になって、お前を見返してやるからな!」


「その時、付き合ってくれ!って言っても遅いからな!」


・・・と言うものがありますが・・・


この気持ちを、振られる前に持つべきであります。

 

ちなみに、借金してまで通うのは、「いい客」であって・・・


「いい男」ではありません!!!

 

でもって、恋愛は、「客」と「女」でするものではなく・・・


「男」と「女」でするものなのです。

 

よって、「客」で口説くのは間違いです。

 

「客」は単なるキッカケであって・・・


口説くのは、あくまでも「男」としてなさねばなりません!!!

 

つまり、口説きたいのであれば・・・


通う回数を増やすなどして、「客」を磨くのではなく・・・


自分自身、つまり、「男」を磨かなければならないのであります。

 

しかしながら、「小悪魔」を口説き落とすには・・・


ちょっとくらい磨いただけではダメでして・・・


ピカピカの鏡のようになるまで磨く必要があります。

 

なぜなら、小悪魔自身が、鏡に映った時・・・


初めて、その魔力を封じ込めることが出来るからです。


(「魔」と「磨く」の漢字を見れば一目瞭然)


(なにせ、「鬼」が「石」にされちゃってますからね)(^^ゞ

 

つまり、小悪魔を落とせるのは、「いい人」(天使)ではなく・・・


より大きな魔力を持つ「大悪魔」なのです。

 

よって、小悪魔系女の子の彼氏は・・・


愛のカケラもない、バリバリのホスト系や・・・


すべて暴力で解決のアウトロー系が多くなっているのであります。

 

「一般人」(表社会人)

「小悪魔」(中間社会人)

「大悪魔」(裏社会人)

 

ん〜・・・・


「一般人」は、「小悪魔」に弱く・・・


「小悪魔」は、「裏社会人」に弱く・・・


「裏社会人」は、「一般人」に弱いと言う・・・


ジャンケン方式になっているのが、この世の中かもしれませんね。

 

よって、小悪魔系を落とすのは・・・


「グー」で「パー」に勝とうと試みるようなものですので・・・

 

一般人は、思考を転換し・・・


「グー」同士のイーブンな相手を見つけるのが・・・


「Good」な選択なのではないでしょうか?

 

まぁ、本当に小悪魔系が好きなのであれば・・・


地獄に落ちるまで借金して、小悪魔よりも怖い・・・


悪魔の取り立ててを受けるのも良いかもしれませんけどね。(^^ゞ


【HOME】口説き術>小悪魔を落とす方法