【HOME】○○な話>キャバクライベント企画書(1)

キャバクライベント企画書(1)


社長:次回のイベントについて、各自の意見を聞かせてくれ。


社員A:コスプレイベントなんて、どうでしょう?


店長:前回もコスプレだったしなぁ〜。┐(´д`)┌


社員B:前はセーラー服。今度は、メイドなんてどうでしょう?


店長:セーラー服に、メイドに、ナースに、バドガール・・・


   全部やったことあるからなぁ〜。┐(´д`)┌


社員C:夏を先取りってことで、水着なんてどうでしょう?


   ビキニ着せたら、エロ客がわんさか来ますよ。きっと。( ̄ー ̄)ニヤリ


社員A:いいねぇ〜。(ノ^∇^)ノ


社員B:ビキニ最高!( ´艸`)ムププ


店長:ドンちゃんは、どう思う?君の意見を聞かせてくれ。


ドン:まだ夏前ですので、キャストは、水着を着る準備が出来ていないと思います。


   やはり、体を露出させるとなりますと・・・


   ダイエット等、それなりに準備が必要ですからね。


   また、女の子は冷え性が多いですので・・・


   冷房の効いた店内でのビキニは、相当な負担になると思います。


   その上、冷たい飲み物を飲まされますと・・・


   接客どころではなく、トイレ!トイレ!トイレ!になるのではないでしょうか。


社長:では、君は、どんなイベント案を持っているのかね?


ドン:私ですか?


   ん〜、全く考えてませんでしたが・・・


   アイデアの発想法と言うものは、煮詰めて考えますと・・・


   他人の批判をおそれ、先例主義、前例主義の無難なものになりやすいですので・・・


   特に何も考えず、頭に思い浮かんだものを列記することが大切だと聞いたことがあります。


社長:じゃあ、ちょっと、思いついたまま、列記したまえ。


ドン:思いついたまま述べますので、何が飛び出すか分かりませんが、構いませんか?


   もしかすると、社長の気分を害する言葉もあるかもしれませんが・・・


社長:構わん。


ドン:では、無礼講で、思いつくがままに、クチを開かせていただきます。


   イベント企画、その1。


   社長が、土下座でキャストと客をお出迎え!\(`・ω・´)


社長:バカモン!!!


   そんな企画があるか!!!o(`ε´)=====〇 バキッ!! ☆))XoX)


ドン:だから、言ったじゃないですか?


   だいたい、社長がそうやって怒れば、企画の対象は、社長となり・・・


   「お客様」ではなくなります。


   それで、いい企画が生まれると思いますか?


社長:悪かった。続けてくれ。


ドン:分かってくれれば、いいんです。


   では、続けます。


   企画その2。


   社長が、トイレで客の尻をふく。\(`・ω・´)


社長:・・・・・。


ドン:企画その3、社長がキャスト&客の靴をなめる。\(`・ω・´)


社長:・・・・・。


ドン:企画その4、社長が半ケツを出して、キャスト&客にムチで打たれる。\(`・ω・´)


社長:・・・・・。


ドン:ほらっ、社長は、もう何を言っても怒らないぞ!


   みんな、自由な発想で、イベント企画を出し合おう!


   企画そのものよりも、まず、場を作ること、それがドンちゃんの狙いさ。(^_-)---☆Wink


店長:さすが、ドンちゃん。


   さぁ、みんな、どんどん、企画を出してくれ。


社員A:オールジャンルコスプレ。


社員B:メイドコスプレ


社員C:水着!それも、ビキニ。


ドン:・・・・・。


店長:・・・・・。


社長:・・・・・。


ドン:ドンちゃんが悪かったみたいなんで、自分で発案します。


   くだらないと思いますが、聞いて下さい。


◆キャバクライベント企画書(2)


【HOME】○○な話>キャバクライベント企画書(1)