【HOME】口説き術>口説かない戦略

口説かない戦略


私は、キャバに行っても、全く口説きません。



・・・と言うか、「口説かない」と言う口説き方を実践しております。




ちなみに、私と対極の「会って3秒で口説く」方法を実践している人・・・


結構、多いように思います。



でもって、「会って3秒で口説く」男を接客した女の子が・・・


席では、「嬉しい〜」と言っておきながら・・・


席を離れた瞬間、嬉しさのカケラも見せずに・・・


「男ってバカ」と軽蔑の眼差しをしてたりしますので・・・


「会って3秒で口説く」方法は、あまり効果的ではないように思うのであります。




また、「会って3秒で口説く」と言うのは・・・


言わば、ナンパであります。



でもって、ナンパに成功する男であれば・・・


お金払ってキャバなどに来る必要はありません。



つまり、キャバに来るお客さんは、基本的にナンパに成功しない人種なのです。



よって、ナンパ風に口説くのは、ナンセンスと言うものであります。


更に、ナンパ口説きと言うのは、言わば「クチ」が基本であります。


つまり、「安くあげよう」と言う、口説き方なのであります。



しかしながら、女の子にとって、キャバクラは仕事ですので・・・


「安くあげよう」と言うお客を、職業上嫌う傾向にあります。



よって、「会って3秒で口説く」のは・・・


ある意味、「嫌って下さい」と言ってるようなものなのです。



また、3秒では口説かないが・・・


毎回来ては、「口説いて行く」お客さんも、結構います。


・・・と言うか、基本的に、このパターンが王道であります。



しかしながら、王道がゆえに、女の子側が「慣れてしまってる」と言う点と・・・


また、訪問回数が増えるにつれて、お客側からのプレッシャーが強くなり・・・


「精神的に疲れる」と言う点で、効果的な口説きにならない場合があります。



例えば、憂鬱(ゆううつ)そうにしている女の子に・・・


その理由を聞いてみますと・・・


「お客さんを呼べないから、憂鬱だぁ〜」



そして、お客を呼べている女の子は女の子で・・・


「口説くお客さんが来るから、憂鬱だぁ〜」


・・・と言う答えが返って来たりします。



でもって、女の子を「憂鬱」にさせている時点で、口説きは失敗であります。



なにせ、「憂鬱」から逃れる為に「付き合おう」と考える女の子は少ないですからね。


よって、女の子を「憂鬱」にさせないように口説かなければなりません。



では、どのように口説けば、女の子を憂鬱にさせないのでしょうか?



ずばり、常に「逃げ道」を用意しながら、口説くことであります。



例えば、戦国時代・・・


「城を攻める」方法として、上策とされておりましたのが・・・


周囲全部を囲むのではなく、一方だけを空けておく作戦であります。



これは、周囲全部を囲んでしまいますと・・・


逃げ道がなく「決死」の戦いとなってしまい「窮鼠猫を噛む」で・・・


攻め手にも、かなりの犠牲を覚悟せねばならなくなるからであります。



しかしながら、一方を空けておきますと・・・


戦うよりも、そこから逃げようと言う気になりますので・・・


結果的に、少ない犠牲で勝利を得られるのであります。



また、「城を攻めるは下策、心を攻めるが上策」とも申します。


つまり、「惚れろ!」と攻め立てるのではなく・・・


ゆっくり、「惚れさせる」ことを考えた方が効果的なのであります。



よって、「逃げ道」のある口説き方。


更に言えば、自分が口説くのではなく、相手に口説かせる口説き方。



これこそが、一見、遠いように見えて・・・


実は最短の口説き方のように思う次第であります。

 

【HOME】口説き術>口説かない戦略