【HOME】○○な話真面目に考えるトーク>枕を真面目に考える(1)

枕を真面目に考える(1)


【注意!!】

短気な人、狭量な人は読まないようにお願いします。m(__)m

(独り言で不愉快になられては不本意ですからね)

 

最近、寝付きが悪くて・・・


低反発枕に変えようかと思ってるんです。

 

・・・って、話ではありません!!!


体を使って「お客」を獲得する、「枕営業」についてのお話であります。

 

いきなりですが、質問です。


「枕営業」に賛成ですか?反対ですか?

 

まぁ、反対派が多いようのではないでしょうか?


特に、枕営業をしない同業者の方は、反対のオンパレードではないでしょうか?

 

では、仮に反対派の要望通り、「枕営業」がなくなったとして・・・


現状の「水商売」(夜の世界)が成り立つのでしょうか?

 

その問いの手掛かりとして・・・


まず、あなたの「水商売」(夜の世界)のイメージを聞いてみたいと思います。

 

さて、「健全」なものでしょうか?


「PTA」が満足するような世界でしょうか?

 

違いますよね?


やはり、「不健全」な要素が混じってますよね?

 

逆に言えば、「不健全」な要素が混じっているからこそ・・・


昼の世界とは違う、「賃金体系」が生まれるのであります。

 

つまり、「枕」が混じっているからこそ・・・


現在の高額な「料金体系」が成立しているです。

 

ちなみに、ぶっちゃけて言ってしまえば・・・


◎ソープ:3万円


◎ヘルス:2万円


◎キャバ:1万円


・・・と言うような料金体系であります。

 

でもって、これをソープを基準として見た場合・・・


ヘルスは、ソープの3分の2のサービス。


キャバは、ソープの3分の1のサービスとなります。

 

ん〜、ヘルスが3分の2のサービスに該当することに対しては・・・


納得される方が多いように思いますが・・・

 

キャバが、ソープの3分の1のサービス。


はたまた、ヘルスの2分の1のサービスに該当すると言うことに納得される方は・・・


少ないのではないでしょうか?

 

では、なぜに、キャバの「1万円」料金が成り立っているのでしょうか?


◆枕を真面目に考える(2)


【HOME】○○な話真面目に考えるトーク>枕を真面目に考える(1)