【HOME】○○な話政治経済トーク>あとの祭り(1)

あとの祭り(1)


登場人物:夫・嫁・嫁の友達・夫の母(姑)


友:不景気で家計が厳しいわぁ〜。。゚(゚´Д`゚)゚。


嫁:うちもよ。┐(´д`)┌

 

友:そうは見えないけど・・・(;〜д〜)


嫁:旦那の月収が50万円しかないのに、月70万円も出て行くから・・・


  毎月、ピーピーよ。┐(´д`)┌

 

友:毎月20万円の赤字?Σ( ̄□ ̄!)


  そんなことしてたら、すぐ借金まみれで路頭に迷うことになるよ。


  ちゃんと50万円でやり繰りしないと!


嫁:そうなんだけど・・・


  家のローンや、子供の教育費、親の介護費用など・・・


  削れない費用がたくさんあって、なかなかうまく行かないのよね。

 

友:毎年、海外旅行に行ってるじゃん。


  とりあえず、それだけでも、削ればいいんじゃない?


嫁:旅行があるから、家族円満なところがあるんで・・・


  旅行を削るのは、難しいよ。┐(´д`)┌

 

友:じゃあ、毎月の20万円赤字は、どうしてんの?


  まさか、消費者金融に借りてるんじゃないよね?


嫁:まさか。


  私が結婚する前に貯めていた「1500万円」から出してるの。

 

友:家族の為に、毎月20万円も出すなんて、あんた、偉いね!


  私なんて、私のお金はビタ一文出す気ないもん。


  やっぱ、いつ離婚しても良いように、大切にしまっておかないとね。(〃⌒∇⌒)ゞ


嫁:私もそうよ。(〃^∇^)o_彡☆

 

友:ん?Σ(・ω・ノ)ノ!


嫁:だから、ちゃんと旦那に借用書を書いてもらってる。


  借用書があれば、離婚しても取り立てられるでしょ。( ´艸`)ムププ

 

友:いくらくらい貸してるの?


嫁:もう、かれこれ、900万円かな。

 

友:900万円???Σ(゚Д゚)


  そんなお金、絶対返してくれないよ。


嫁:口約束じゃなく、きちんと借用書があるから大丈夫だよ。

 

友:9万円、いや90万円なら返してくれても・・・


  900万円は、絶対無理だよ。ほごにされるのがオチ。


嫁:そうかな?(-ω- ?)


  でも、旦那の車とか時計とか全部売ったら、400万円くらいにはなるから・・・


  実質的には、500万円返してくれればいいんだけど・・・


  それでも無理かな?

 

友:今すぐ別れたら、何とかなるかもしれないけど・・・


  1年毎に借金が240万円ずつ増えて行くとなると・・・


  あんたの貯金も3年後にはなくなるし・・・


  5年後には、車も時計も全部売らなければならなくなるんで・・・


  絶対に返って来ないね!なんなら、賭けてもいいよ。


嫁:でも、子供もいるし、別れられないよ。

 

友:じゃあ、借用書はあきらめなよ。


嫁:無理だよ。

 

友:じゃあ、旅行をやめて、毎月赤字が出ないようにするしかないよ。


嫁:それも無理。

 

友:じゃあ、あんたがパートに出て、家計を助けるしかないよ。


嫁:ヤダ。働きたくない。

 

友:無理無理ヤダって言ってたら、どうにもならないよ。


  それに、5年後に破産して泣きついてきても、私は知らないからね。


嫁:冷た〜い。


  ん〜、旦那のお母さんの介護費用がなくなれば・・・


  だいぶん、楽になるんだけどなぁ。


  お父さん、早く迎えに来てくれないかなぁ〜。(*/∇\*)キャ

 

友:あんたの方が、よっぽど冷たいじゃん!Σ(・ω・ノ)ノ!


嫁:エヘッ。(〃⌒∇⌒)ゞ

 

その頃、夫と夫のお母さん(姑)は・・・


姑:ヘックション。(≧m≦)


  また、あんたの嫁が、私に死ねって言ってるよ。( ̄^ ̄)凸


夫:お母さん。嫁に、聞かれたら、どうするんだよ。Σ( ̄□ ̄!)


  今の家計は、嫁の貯金で何とかやり繰りしてる状態なんだからさ。


  それにしても、最愛の夫から借用書取るなんて、どう言うつもりなんだろう?

 

姑:嫁なんてのは、しょせん他人。


  私達みたいに、血のつながった親子とは違うんだよ。


  あっ、いいこと思いついた。( ´艸`)ムププ


夫:いいこと?(-ω- ?)

 

姑:いやっ、なに。


  嫁が死んだら、借用書も無効になるし・・・


  貯金も手に入るしで、めでたしめでたしだって少し思っただけだよ。(*/∇\*)キャ


夫:母さん!Σ(・ω・ノ)ノ!


姑:エヘッ。(〃⌒∇⌒)ゞ

 

さて、これは、何のお話か分かりますか?


◆あとの祭り(2)


【HOME】○○な話政治経済トーク>あとの祭り(1)