【HOME】口説き術>わらしべ長者戦略

わらしべ長者戦略


「わらしべ長者」と言うお話を知っていますでしょうか?


ちなみに、たった一本のワラを物々交換して行き・・・

長者様(お金持ち)になると言うサクセスストーリーであります。


なお、以下二つの物語が有名。

◎わら→ミカン→布→馬→長者

◎わら→蓮の葉→三年味噌→名刀→千両


しかしながら、これを、ただ単に・・・

「運が良かった話」と捉えるのは、もったいないことであります。


なぜなら、このお話は、成功の秘訣を・・・

「需要」と「供給」


また、その需要と供給をマッチさせる・・・

「タイミング」(情報)であると教えてくれているからです。


でもって、これは、ビジネスはもちろん・・・

女性を口説くのにも、有効な理論なのであります。


例えば、彼氏とラブラブな女の子を口説くのは至難のワザですが・・・

彼氏と別れたばかりの女の子となりますと・・・

口説ける成功率は、ググッと上昇しますし・・・


また、別れた要因が・・・

「彼氏の浮気」「彼氏の貧乏」「彼氏の暴力」

・・・等と分かりますと、その要因を解消する男になることで・・・

更に成功率が、上昇するからであります。


つまり、やみくもに口説くのではなく・・・

情報を収集し、「需要」と「タイミング」を見計らって・・・

「供給」する(口説く)ことこそが、成功の秘訣なのです。


よって、1にも2にも、情報!


更に言えば、「情報」を得られる位置に身を置くことこそが・・・

成功への必須条件なのです。


でもって、情報は、仲間内で共有するものですので・・・

情報を得られる位置に身を置く為には・・・

「味方」であることをアピールする必要があります。


しかしながら、多くの男性が・・・

「君が好きだ!」と言いながらも・・・

実質的には、「味方になる」ことを望まず・・・

逆に、「味方になれ!」と要求しているのが実情であります。


ちなみに、「味方になれ!」と言っている時点で、相手が味方ではない。

つまり、「敵」であることを認めておりますので・・・

当然、「情報」を得られる位置にも身を置けていないのであります。


なにせ、女の子に「彼氏いるの?」と聞いて・・・

「いる」と答えますと、激怒するお客さん、結構いますからね。


・・・と言うか、そう言うお客さんが多いですので・・・

本当は彼氏がいるにも関わらず・・・

「いない」と答える女の子ばかりになるんですよね。


でもって、嘘の情報を言われている時点で、リアルな関係などありえません。


よって、リアルな関係を求めるのであれば・・・

女の子と情報を共有する「味方」にならなければならないのであります。


その為には、「君が好きだ!」ではなく・・・

「君に好意的だよ。いい友達になれるといいな」

・・・と言った、一歩引いた関係を構築することが重要となるのであります。


でもって、「いい友達」になれさえすれば・・・

女の子は、おしゃべりですので・・・

黙っていても、情報は入って来ます。


まぁ、ほとんどは、聞きたくない情報ばかりだったりしますけどね。


しかしながら、「石の上にも三年」「待てば海路の日和あり」で・・・

辛抱していれば、チャンスが巡ってくるものであります。


例えば、彼氏の愚痴を相談していたら・・・

いつの間にか、相談相手と付き合うことになった。


・・・と言う話などは・・・

まさに、相手から「需要」と「タイミング」を教えてもらう・・・

この戦略の成功例と言えますからね。


・・・ってことで、「まずは友達から」と言うワラを持って・・・

「キャバクラ長者」を目指してみては、どうでしょうか?

 

【HOME】口説き術>わらしべ長者戦略