【HOME】○○な話キャバクラ会話教室>お見合いパーティー(1)

お見合いパーティー(1)


女:もう〜!結婚して!結婚して!ってうるさいねん!


  キャバクラは、お見合いパーティーちゃうぞ!


  キャバクラで婚活するな!ボケッ〜!( ̄^ ̄)凸


男:ご立腹だねぇ〜。Σ(・ω・ノ)ノ!


  でも、相手が玉の輿の場合は、結婚しちゃうんでしょう?ヾ(^-^;)


女:うん。(〃∇〃)

 

男:じゃあ、ある意味、お見合いパーティーじゃん。婚活じゃん!


  ・・・って言ってないで、そう言うお客さんがいなくなると・・・


  給料半減するんで、諭吉の為に歯を食いしばることだね。


女:頑張ってるよ。めっちゃ頑張ってる!


  でも、結婚して!結婚して!って、ほ〜んと、うるさいねん。


  「あんたなんかと結婚するか!ボケ〜!」って言ってやろうかな。( ̄^ ̄)凸

 

男:相当、たまってるみたいだね。(゚ー゚;Aアセアセ


女:もう限界。o(`ε´)=====〇 バキッ!! ☆))XoX)

 

男:大変な仕事だねぇ〜。


  でも、最後のツメを誤ると、面倒なことになるんで・・・


  うまいこと、逃げきって下さいな。


女:どうしたらいいかな?┐(´д`)┌

 

男:結婚してもいいかなって思ってたけど・・・


  結婚して!結婚して!って言われてる間に・・・


  なんだか、結婚願望なくなっちゃったんだけど、どうしよう?


  ・・・って逆に、相手に聞いてみるといいかもよ。ヾ(^-^;)


女:ふむふむ。((φ(-ω-)カキカキ

 

男:でもって、相手が何を言って来ても・・・


  私も、なぜ、こんな風になったのか分かんないよ。どうしよう?


  もう、ヤダ〜。え〜んえ〜ん。。゚(゚´Д`゚)゚。


  ・・・って、困ったフリしながら、泣きマネしておけば、何とかなるんじゃないかな。ヾ(^-^;)


女:アハハッ。ヾ(>▽<)o

 

男:重要なのは、あんたウザイねん!ってな核心部分に触れないことです。


  触れれば、「だまされた」ってなるけど・・・


  「私にも分かんないよ」って、曖昧にしておけば・・・


  だましたことにも、だまされたことにも、なりにくいですからね。


女:さすが、ドンちゃん!( ^^) _旦~~

 

男:いや、これは、ドンちゃんが考えだしたことではなく・・・


  昔からある、「女の涙うやむや」戦法ですよ。


  困ったら、水戸黄門の印籠のように、泣けばいいと思ってますからね。女ってやつは。


  でもって、泣かれたら、どうしようもないんだよね。男ってやつは。


  だから、男のドンちゃんが言うのもなんだけど・・・


  困ったら、泣くに限る!\(`・ω・´)


女:アハハッ。ヾ(>▽<)o


  でもさぁ。結婚して!結婚して!って、言ってくるくせに・・・


  毎週、お見合いパーティー行ってるんだよ。


  訳分かんなくない?

 

男:君は結婚する気ないんだから、お見合いパーティーに行くのは、正解じゃん。


  ただ、そのことを、君に言うのが、間違ってるよね。ヾ(^-^;)


女:ほ〜んと、それ!

 

男:どうせ、お見合いパーティーの女の子にも・・・


  「僕、毎日キャバクラ行ってるんだよね。彼女がキャバ嬢でさ」とか言って・・・


  ドン引きされてると思うよ。┐(´д`)┌


女:目に浮かぶ。

 

男:目に浮かんでるのは、君のつけすぎたマスカラ!( ̄ー ̄)ニヤリ


女:アハハハッ。(*/∇\*)キャ

 

男:お見合いってさぁ。20連敗、30連敗している人が、結構いるんだよね。


女:へぇ〜。

 

男:まぁ、キャバ嬢に100連敗中のドンちゃんが偉そうに言えることじゃないけどさ。┐(´д`)┌


女:またまた〜!


  連戦連勝なんじゃないの〜!(〃⌒∇⌒)ゞ

 

男:じゃあ、確かめてみよう!


  101連敗となるか・・・


  それとも、本当は、連戦連勝なのか?


  ・・・ってことで、「結婚して〜!結婚して〜!」(〃^∇^)o_彡☆


女:アハハッ。お腹痛い。ヾ(>▽<)o

 

男:ん?生理痛?


  ドンちゃんと結婚したら、生理痛治してあげられるよ。十月十日ほど。( ̄ー ̄)ニヤリ


女:アハハッ。もう、やめて。ヾ(>▽<)o


  でも、お見合いに20連敗するとかって、なぜなの?

 

男:原因は主に二つ。\(`・ω・´)


  一つは、本人自身の問題。


  例えば、女の子を選べる立場だと勘違いしていたりすると・・・


  女の子に振られ続けることになる。


女:???(-ω- ?)

 

男:キャバクラでも、指名したら、「自分の女」になると勘違いしてる人いるでしょう?


  それと同じで、自分が好きになれば・・・


  相手はそれに応えるものと信じて疑わない人が結構いるんだよね。


  まぁ、自分の人生では、自分が主人公だから、そう思うのも仕方ないところではあるんだけどさ。


女:ふむふむ。((φ(-ω-)カキカキ

 

男:だけど、男ってのは、政治家と同じで・・・


  女性に選んでもらってはじめて、男になるんだよね。


  でもって、政治家が、「私に投票する権利を君に与えよう」などと言いますか?言わないでしょう?


  ただ、ひたすら、お願いするだけでしょう?


  それと同じで、男も、ひたすら、やらせてくれ!とお願いするしかないんです。


女:アハハハッ。ヾ(>▽<)o

 

男:まぁ、「やらせてくれ!」と直球でお願いするのもセンスないんで・・・


  手を変え、品を変え、あの手、この手でお願いすることになるんだけどね。(〃⌒∇⌒)ゞ


女:アハハハッ。ヾ(>▽<)o

 

男:でもって、もう一つが、「親」の問題。


  親もまた、女の子を選ぶ権利があると思ってるから困りもの。


  家柄はもちろん、才色兼備じゃないとね。


  あと、結婚したら会社はやめてもらわないと。


  (逆に、結婚したら働いてもらわないと!と言うのも最近多い)


  子供は3人。一姫二太郎でお願いするわ。


  それから、学校は決めてあるから心配しないで!


  こんなことを初対面で言われたら、たいていの女の子は逃げるちゅうねん!ダッシュ!≡≡≡ヘ(*--)ノ


女:最悪だね。(ノД`)

 

男:男がマシな場合でも、親のマイナスが大き過ぎて・・・


  お見合いに失敗するケースは多い。


  まぁ、たいていは、この親ありて、この子ありの最悪コンボだけどさ。┐(´д`)┌


女:アハハハッ。ヾ(>▽<)o

 

男:だいたい、20連敗しても、気付かないってのが凄いよね。


  普通なら、反省したり、作戦を変えてみたりすると思うからさ。


  ・・・って言うか、おそらく、「連敗」だと思ってないんだろうな。


  自分から断った「連勝」だと思ってるんだろうな。


女:絶対そうだよ。

 

男:「ドンちゃんは、君とは付き合わない!」って宣言したら・・・


  ドンちゃんが、振ったことになりますか?ならないでしょう?


  だから、振った・振られたではなく・・・


  「お見合い不成立」は、負けとしてカウントしないとダメだよね。


女:ドンちゃんなら、どうやって、お見合いを成功させる?

 

男:あっ、そのことと関係ありそうな話が一つある。


  ある会社が、求人募集したんだよね。


  でもって、昨今の不景気で、募集した途端に10人の応募があったそうです。


  さて、君なら、どうやって10人から一人を選びます?


女:それは、とりあえず、10人を面接して・・・


  その中から1番良さそうな人を採用するかな。

 

男:二代目を継ぐであろう副社長と同じ考えだね。


女:それ以外、他にあるの?(-ω- ?)

 

男:なっ、なっ、なんと!


  社長は、1番最初に面接に来た人を、「即採用」してしまったんだよね。


女:えっ?他の9人を見ずに?Σ(・ω・ノ)ノ!

 

男:うん。


女:なんで?

 

男:社長いわく:面接を受けて落ちたら凹むでしょう?


  逆に、面接を受けに来て、即採用されたら嬉しいでしょう?


  人を凹ませずに喜ばせる!


  これが、人心を得るコツだよ。


  それに、イの一番に来る人ってのは、やる気がある証拠だし・・・


  また、「縁」もある。


  「やる気」と「縁」を大切にすれば、会社は生き残る!


女:へぇ〜。凄いね。この社長。

 

男:凄いでしょう?やっぱり、社長は、こうでなくっちゃね。


  まぁ、でも、採用した人、1週間で辞めちゃったけどね。


女:えっ、どうして?Σ(・ω・ノ)ノ!

 

男:自分には、この仕事向いてないんだってさ。


女:アラララッ。(ノД`)

 

男:・・・で、二代目を継ぐ副社長は、「それ見たことか!」と得意満面なんだけど・・・


  違うんだよねぇ〜。


  社長ってのは、全く失敗しない人がなれるのではなく・・・


  たくさんの成功と、そこそこの失敗をする人がなれるんです。


女:ふむふむ。((φ(-ω-)カキカキ

 

男:でもって、たくさんの成功をつかむ為には「即断即決」が必要なんです。


  また、即断即決する分、必然的に失敗も多くなってしまうんです。


女:ふむふむ。((φ(-ω-)カキカキ

 

男:だから、10人を面接すると言う考えは、「即断即決」と相反しますので・・・


  社長にはなれないんです。


  だいたい、能力のある人を選んで社長になれるなら、誰でも社長になれるってものですからね。


  ちなみに、また人材募集して、イの一番に来た人を採用したんだけど・・・


  その人は、ずっと続いてるみたいだから、この採用方法、結構面白いんじゃないかな。


  だから、ドンちゃんも、お見合いにこの方法を採用することにします。(〃⌒∇⌒)ゞ


女:???(-ω- ?)

 

男:つまり、最初のお見合い相手に、無条件降伏!!\(`・ω・´)


女:???(-ω- ?)

 

男:お見合いってのは、ある意味、交渉の場でしょう?


  だから、こちらから、一切条件をつけなければ・・・


  まとまる可能性は、かなり高くなると言うものです。


女:ふむふむ。((φ(-ω-)カキカキ

 

男:だから、ドンちゃんは宣言します。


  君を無条件で幸せにして見せると!


  これぞ、ドンちゃん流、無条件幸福!!(〃^∇^)o_彡☆


女:アハハハッ。ヾ(>▽<)o


  でも、相手の条件ばかり飲んでたら、あとで困るんじゃない?

 

男:困った時は、本当に降伏します。お手上げですってね。ヽ( ^∀^)ノ


女:そんなんでいいの?

 

男:政権を取る為に、民主党がマニュフェストを作ったけど・・・


  実際に政権を取ったら、なかなか守れないでしょう?


  それと同じで、お見合いを成功させる為に、相手の条件はすべて飲むけど・・・


  その後、すべて叶えられるかどうかは、別問題。


女:それって、ちょっと、ひきょうじゃない?

 

男:ひきょうと言えば、ひきょうとも言えるけど・・・


  条件をたくさん突きつけて来るのも、ある意味、どうかしてるんで、お互い様なんじゃないかな。


女:・・・・。

 

男:だいたい、条件なんてものは、実際の結婚生活に入ったら・・・


  たいてい、吹っ飛びますよ。


  例えば、定時に帰れる、サービス残業なし!と言ってる会社があったとしても・・・


  忙しくなったら、即ホゴですからね。


女:ふむふむ。((φ(-ω-)カキカキ

 

男:だいたい、会社から見れば、普通の能力があれば、定時までに終わる仕事だ!


  それが終わらないと言うのは、個人の責任!


  だから、居残って終わらせるのは当然でしょう?って感覚ですもん。


女:ふむふむ。((φ(-ω-)カキカキ

 

男:でもって、多くの日本人は、それを「是」としてる訳です。


  なぜなら、社員も日本人なら、管理職も日本人ですからね。


  それに、社員が年功序列で管理職になるのが日本社会ですし。


  つまり、日本人ってのは、「法律」(約束)よりも・・・


  「現場」を優先させる気質をしてるってことです。


女:ふむふむ。((φ(-ω-)カキカキ

 

男:これがアメリカ人だと、窓口で1時間待っているのに・・・


  それも、受付の人の仕事が出来ないせいで、1時間待たされてるのに・・・


  定時になったら、待ってる人を放っておいて、受付の人、サッサと帰宅しますからね。


女:えっ、放っておいて、サッサと帰っちゃうの?Σ(・ω・ノ)ノ!


  じゃあ、待ってる人は、どうなるの?

 

男:待ってる人がアメリカ人だと、「ついてないわね〜」と軽く言うだけですが・・・


  日本人だと、「ありえない!」って、さんざん愚痴ることになります。


女:それは、愚痴るよね。

 

男:でもさぁ。約束を守るってことは、アメリカ人になるってことなんです。


  逆にアメリカ人がダメだってことは、約束を守るよりも優先すべきことがあるってことなんです。


  でもって、結婚の場合、約束を守るよりも優先すべきこととは・・・


  相手を全力で大切にする!ってことでしょう?


女:うん。(〃∇〃)

 

男:だから、全力で頑張ってるなら、その他は大目に見るってのが・・・


  日本風なんじゃないでしょうか。


  「だまされる方が悪いんじゃ!」と言われると、カチンと来ますが・・・


  「ごめん。君と結婚したくて、ついつい。でも、きっと叶えてみせるから。僕頑張るから」


  ・・・って言われれば、まぁ、大目に見るって感じじゃないですかね?ヾ(^-^;)


女:アハハッ。( ̄▽ ̄)


  ドンちゃんが、お見合いパーティー行ったら、モテモテなんじゃい?

 

男:マジで〜?


  人生で1回くらいモテモテ気分を味わいたいから・・・


  ちょっと行って来ようかな。(〃⌒∇⌒)ゞ


女:行ってき〜!行ってき〜!

 

男:でも、大阪の女の子には興味ないから・・・


  行くなら大阪以外だね。


女:なんで、大阪の女の子に興味ないん?Σ(・ω・ノ)ノ!

 

男:大阪の女の子の生態については、裏の裏まで知り尽くしてるから・・・


  「幻想」を抱けないんだよね。だって、みんな、大阪のおばちゃんだもん。(ノД`)


女:アハハッ。ヾ(>▽<)o

 

男:もちろん、大阪の女の子と、大阪以外の女の子との間に大きな違いがあるとは思わないけど・・・


  それでも、もしかしたら?って言う幻想ぐらい抱けるからね。ヾ(^-^;)


女:じゃあ、東京のお見合いパーティーに行って来たら?

 

男:東京じゃ、ドンちゃんみたいなのはウケないんだよね。


  水と油と言うか、相いれないものがあるみたい。┐(´д`)┌


女:なんか、分かる気がする。


  でも、既に東京には、生粋の東京人なんていなくて・・・


  ほとんど地方出身者が占めてるから、大丈夫なんじゃない?

 

男:じゃあ、ちょっと、おら東京さ行ってくるだ。≡≡≡ヘ(*--)ノ


女:なんで?なまってんの?Σ(・ω・ノ)ノ!

 

男:なまってなどいねえべ。東京のおなごばげっとしてかえってくるけん、楽しみにまっちょけ。


女:アハハッ。ヾ(>▽<)o


・・・ってな感じで、東京のお見合いパーティーに参戦を決意したドンちゃん。


さてさて、どうなる?


◆お見合いパーティー(2)


【HOME】○○な話キャバクラ会話教室>お見合いパーティー(1)