【HOME】○○な話キャバクラ会話教室>バー開業コンサル(6)

バー開業コンサル(6)


【初回】

◆バー開業コンサル(1)

【前回】

◆バー開業コンサル(5)


ド:あっ、そうそう。システム(マニュアル)よりも、現場(客の心)が大切って話だった。


  だから、いかに客の心をつかむかが、商売の鉄則!


  今回ので言えば・・・


  「本当はマニュアルで両替出来ないんですが、お客様だけ特別。クビ覚悟で両替させていただきます」


  ・・・とでも言えば、「ドンちゃん御用達」になるのに、真逆の対応だから・・・


  「ドンちゃんダメ出し」になっちゃってる。┐(´д`)┌


男:アハハハッ。ヾ(>▽<)o

 

ド:もちろん、世の中には、難癖つける・・・


  モンスターペアレントやモンスターペイシェントが、はびこってますので・・・


  「モンスターありき」のマニュアルになるのも仕方ないのかもしれませんが・・・


  ただ、それだと、モンスターじゃない客を逃がしてしまうんで・・・


  もう少し現場の「見る目」を養う必要があると思いますね。


男:ちなみに、ドンちゃんがバーのマニュアルを作るとしたら、どんなの作る?

 

ド:まず、需要に合わせることが基本中の基本だね。\(`・ω・´)


男:需要?(-ω- ?)

 

ド:例えば、お客様の希望するお酒を用意するとかさ。


男:ふむふむ。((φ(-ω-)カキカキ

 

ド:店的に言えば、用意した酒から選んでくれるのが良いに決まってますが・・・


  客的に言えば、飲みたい酒を店が用意してくれる方が良いに決まってます。


男:ふむふむ。((φ(-ω-)カキカキ

 

ド:だから、ない場合は、買って来る。


  次までに必ず用意する。


  これが基本中の基本ですね。


男:ふむふむ。((φ(-ω-)カキカキ

 

ド:そもそも、「こだわりのある人」ってのは、敵にすると、うるさいが・・・


  味方にすると頼りになる存在なんです。


  ちなみに、敵にするとマイナス100で、味方にするとプラス100だとしたら・・・


  敵にせず味方にすれば、差し引き200のプラスとなりますので・・・


  こだわり(需要)に応えるのは、非常に重要です。


男:ふむふむ。((φ(-ω-)カキカキ

 

ド:でもって、飲んだら、出るのが、自然の摂理ですので・・・


  「おしっこ」と「ゲロ」のアフターサービスを忘れてはなりません。ヾ(^-^;)


男:アフターサービス?

 

ド:まぁ、簡単に言えば、トイレの清掃です。


  飲み屋のトイレは汚れるものと、腹をくくって・・・


  効率よく清掃することが重要なんです。


男:ふむふむ。((φ(-ω-)カキカキ

 

ド:おしっこをこぼしやがって。


  ゲロをまきちらしやがって。って思うのではなく・・・


  おしっこをこぼして下さい!


  ゲロをまきちらして下さい!と考え方を一変させることが・・・


  いい飲み屋になるかどうかの分かれ道になるんじゃないかな。ヾ(^-^;)


男:ふむふむ。((φ(-ω-)カキカキ

 

ド:あと、ゲロが服に付いた時などを想定して・・・


  着替えを用意しておくと言った心遣いも大切な気がします。ヾ(^-^;)


男:なるほど。

 

ド:あっ、マスターの店は、「盛り塩」してる?


男:いや、してないけど・・・


  した方がいいの?

 

ド:別にしなくていいけど、盛り塩の由来は知っておいた方がいいかもしれないね。


男:由来?(-ω- ?)


◆バー開業コンサル(7)


【HOME】○○な話キャバクラ会話教室>バー開業コンサル(6)