電○トーク(2)


【前回】

◆電○トーク(1)


(指名嬢の代わりに、電○席から抜かれた女の子登場)


男:電○マン、どうだった?ヾ(^-^;)


女:超ウザイ。( ̄^ ̄)凸

 

男:えっ?楽しそうな感じだけど、ウザイの?Σ(・ω・ノ)ノ!


女:自慢話ばっか。┐(´д`)┌

 

男:自慢出来るものがあるだけ、いいじゃん。ヾ(^-^;)


  ドンちゃんだって、自慢話したいんだけど・・・


  自慢するものがないんだから嫌になっちゃう。(ノД`)


女:アハハッ。ヾ(>▽<)o


  それに、遊び慣れてる感じがするし。( ̄^ ̄)凸

 

男:そりゃ〜、天下の電○マンだから、遊び慣れてるでしょう!


  逆に、遊び慣れてるから、女の子の扱いが上手ってのもあるし。ヾ(^-^;)


女:チ○コ黒そう。( ̄^ ̄)凸

 

男:ブッ!Σ( ̄□ ̄!)


  ちょ、ちょ、ちょっと。


  乙女のクチから、そんな言葉が出るなんて思ってもいなかったから・・・


  マジで、噴いちゃったじゃん。ヾ(^-^;)


女:アハハ。ごめん。ごめん。(〃⌒∇⌒)ゞ

 

男:ちなみに、ドンちゃんのは、綺麗なピンク色だよ。


  なにせ、汚れないように皮に包んでしまってあるからさ。(^_-)---☆Wink


女:ドンちゃん、包茎?(;〜д〜)

 

男:ちょ、ちょ、ちょっと。声が大きいよ。Σ( ̄□ ̄!)


  でもって、ドンちゃんの秘密を知った者には・・・


  あの世に行ってもらわなければならないな。\(`・ω・´)


女:アハハ。あっ、私、知っちゃったけど。


  殺されるの?(〃⌒∇⌒)ゞ

 

男:あの世に、イク〜って言ってもらいます。


  まぁ、ドンちゃんの方が、先にイクけどさ。( ̄ー ̄)ニヤリ


女:ドンちゃん、早漏?(;〜д〜)

 

男:ちょ、ちょ、ちょっと。


  だから、声が大きいってば。Σ( ̄□ ̄!)


女:このくらい平気だよ。(ノ^∇^)ノ

 

男:君は平気でも、ドンちゃんは平気じゃないよ。(ノД`)


女:あそこの席じゃ、もっと凄いこと一杯言ってるよ。(*/∇\*)キャ

 

男:凄いことって?(-ω- ?)


女:(ピ〜〜〜〜〜〜〜♪)←自粛


男:マジで?Σ( ̄□ ̄!)


  おそるべし、電○マン。|)゚0゚(| ホェー!!


※この物語はフィクションであり・・・

登場する社名は架空のもので、実在する会社とは一切関係がありません。