【HOME】○○な話キャバクラ会話教室>サザエさんトーク(9)

サザエさんトーク(9)


【初回】

◆サザエさんトーク(1)

【前回】

◆サザエさんトーク(8)


男:長谷川町子。\(`・ω・´)


女:・・・・・。

 

男:はい。当たり〜〜〜!!!( ´艸`)ムププ


女:なんで、分かったの?Σ(・ω・ノ)ノ!

 

男:人を見る目で、ドンちゃんの右に出る奴はいないんだよ。


  まぁ、前に出る奴は、いっぱいいるけどさ。ヾ(^-^;)


女:書いてるの見えたんでしょう?(;〜д〜) アヤシイ

 

男:見えないように隠しながら書いておいて、よく言うよ。


  単に、セコい君が書きそうなキャラを推理しただけさ。


  テレビアニメには、登場しなくても・・・


  漫画のサザエさんには登場するからさ。( ̄ー ̄)ニヤリ


女:・・・・・。

 

男:ちなみに、もし、3人言うとしたら・・・


  長谷川町子。


  お金持ちの湯水さん。


  イササカ先生のお金持ち&人生勝ち組の三人だったけど、どうよ?


  ほらっ、その紙、見せてみ。ヾ(^-^;)


女:・・・・・。

 

男:プッ、湯水さん当たってる。


  へぇ〜、湯水さんって、金蔵って言うんだ。


  でもって、惜しい!


  イササカ先生じゃなくて、おカルさんかぁ〜。


  あぁ〜、分かった。


  お金儲けは、旦那に任せようって腹か。( ̄ー ̄)ニヤリ


女:・・・・・。

 

男:サザエさん見てる人に悪い人はいないと思ってたけど・・・


  小悪魔はいるみたいだね。ヾ(^-^;)


女:アハハハッ。ヾ(>▽<)o

 

男:さぁ、ここまで、ズタボロに負けたら、あきらめもつくでしょう?


  ほらっ、ミンティアも食べたし・・・


  アルコール消毒用の水割りも作ったし、準備万端。ヾ(^-^;)


  いざ、切腹ならぬ、せっぷんをいたせ!


  あっ、じっくり味わいたいから、ゆっくり近づいて来てね。( ̄ー ̄)ニヤリ


女:分かった。┐(´д`)┌


  ちゅ〜〜〜〜〜・・・・・( ̄3 ̄)ちゅ〜

 

男:プイッ。≡≡≡ヘ(*--)ノ


女:なんで、よけるの?Σ(・ω・ノ)ノ!

 

男:君の覚悟は、見せてもらった。


  あのまま、じっとしてたら、確かにチュウしてたからね。


  よって、それで、ヨシとしておこう!( ̄▽ ̄)


  覚悟があれば、実際にするしないは、どうでもいいことだからさ。(^_-)---☆Wink


女:ヤダ、する!( ̄^ ̄)凸

 

男:いや〜。やめてくれ〜。o(`ε´)=====〇 バキッ!! ☆))XoX)


女:なんで、嫌がるの?(-ω- ?)


  私と、チュウするのが嫌なの?┐(´д`)┌

 

男:嫌な訳ないじゃん。ヾ(^-^;)


  ただ、そんな無理やりしなくてもいいじゃん。


女:いや、する!


  チュウしたい!( ̄3 ̄)ちゅ〜

 

男:その気持ちだけで、じゅうぶん!\(`・ω・´)


  チュウは、君がドンちゃんに惚れた時にしてくれれば、それでいい。


  チュウと半端なチュウはすべきじゃないチュウ話や。(^_-)---☆Wink


女:アハハハッ。(≧∇≦)

 

男:だいたい、サザエさんで、チュウを賭けるとか・・・


  なってない!


  長谷川町子先生に失礼!


  チュウを賭けるなら、まいっちんぐ町子先生だよ。( ̄ー ̄)ニヤリ


女:???(-ω- ?)

 

男:まぁ、まいっちんぐ町子先生の話は、また今度。(〃⌒∇⌒)ゞ

 

・・・ってことで、次回の番長〜・・・


まいっちんぐなことを賭けて・・・


ドンちゃん椅子取りゲーム!!!


銀河の歴史にまた一ページ。


【完】


【HOME】○○な話キャバクラ会話教室>サザエさんトーク(9)