【HOME】口説き術>北風より太陽!

北風より太陽!


キャバ嬢に嫌われる三大客と言えば・・・


◆ケチな客


◆触る客


◆説教する客


・・・であります。

 

よって、キャバ嬢に好かれたいのであれば・・・


「ケチらない」「触らない」「説教しない」を実践すべし!

 

でもって、「触らない」は、即実践可能です。


(まぁ、中には、それだけは無理!って男性もいるかもしれませんけどね)(^^ゞ

 

しかしながら、「ケチらない」と「説教しない」は・・・


相手との関係で決まる「相対的」なものですので、少し実践が難しかったりします。

 

なにせ、キャバデビューしたの女の子は・・・


指名するだけで、めちゃめちゃ喜んでくれるのに対して・・・


ある程度、慣れた女の子は・・・


「ドリンク飲ませてくれない奴は、来るな!」


・・・となりますからね。

 

つまり、「ケチ」かどうかを決めるのは、客側ではなく、女の子側なのです。

 

よって、完全対応の「ケチらない客」になることは、非常に難しかったりします。

 

しかしながら、上を見れば際限がないですが・・・


下は、「指名しない」「一杯のドリンクも飲ませない」と限られてますので・・・


とりあえず、口説くのであれば・・・


「指名」と「ワンドリンク」は、ケチらずにおきましょう!

 

また、どうせOKするのであれば・・・


ササッと「何か飲み」と言ってあげましょう!!!


そうしませんと、女の子の頭の中が・・・


「何か飲んでいいですか?」って言おうかな?どうしようかな?


言うにしても、どのタイミングで言おうかな?


・・・で、いっぱいいっぱいとなり・・・


余計なストレスを与えることになってしまいますからね。

 

また、「ケチらない」ことが目的ですので・・・


アルコールなしの「ソフトドリンク」でも・・・


また、頼んだドリンクを飲み残しても、笑って許してあげましょう!!!

 

でもって、この辺を許せない人が、「説教する客」となり・・・


更に、女の子の好感度を下げてしまうのであります。

 

ちなみに、説教と言うものは・・・


説教する本人にとっては「正しいこと!」ですので・・・


ある意味、非常にやっかいだったりします。


(宗教の勧誘などは、本人が「善」と思っておりますので・・・)


(ほ〜んと、やっかいですからね)

 

しかしながら、「本人」にとっては、正しいことでも・・・


「相手」にとっては、正しくないかもしれませんので・・・


自説を押し付けるのは、ナンセンスと言うものであります。

 

・・・と言うか、相手に「説教」と思われた時点で、負けであります。

 

なぜなら、説教と言うものは、「上」からの押し付けであるからです。

 

でもって、自分が「上」ですので、「下」である相手の反論など許しません。

 

つまり、「対等」でもなければ、「自由」もない・・・


奴隷や囚人の位置に相手を据えてしまうのであります。

 

さて、「奴隷」や「囚人」にされて、喜ぶ人がいるでしょうか?

 

よって、本当に相手のことを思いやって、説教したいのであれば・・・


相手の位置まで、自分が降りて行くべきです。

 

例えば、童話「北風と太陽」で、旅人の上着を脱がせた太陽のように・・・


相手に、あなたの説教を「聞きたい」と思わせるべきなのであります。

 

ちなみに、「北風と太陽」とは・・・


ある時、「北風君」と「太陽君」が、旅人の上着を脱がせる勝負をします。

 

北風君は、冷たい風をビュンビュン吹き付けて、上着を吹き飛ばそうとするが・・・


寒さに身を震わす旅人は、逆に上着をしっかり羽織ってしまい、失敗。

 

でもって、太陽君は、サンサンと照りつけることで、旅人を暑がらせ・・・


旅人自身に上着を脱がせてしまう!って、お話です。

 

要は、上から強制するよりも、本人に悟らせる方が効果的だよ!


・・・ってな寓話であります。

 

ただ、相手に悟らせるには、安易な説教よりも・・・


はるかに多大な労力と能力が必要となります。

 

例えるなら、子供に「勉強しろ!」と、やかましく言うのではなく・・・


親自らが、勉強することで・・・


勉強の大切さや面白さを、子供自身に悟らせるようなものですからね。

 

しかしながら、他人に「説教」するくらい偉いのであれば・・・


そちらの困難な道を選んでもらいたいと思うのであります。

 

なにせ、バカな相手が、賢い自分を理解しないと言って、イライラするよりも・・・


賢い自分がバカな相手を理解した方が、はるかに効率的と言うものですからね。

 

でもって、これは、「説教」のみのプロセスではありません。

 

女の子を「口説く」プロセスでもあるのです。

 

なぜなら、女の子を口説く際に・・・


「君のことを好きになった!だから君も私のことを好きになってくれ!」


・・・と、自説を押し付けて来る人は、非常に多いですからね。

 

でもって、これでは、説教と同じで・・・


女の子のハートには響かないと言うものであります。

 

よって、「好きだ!好きだ!」の北風で女の子を口説こうとするよりも・・・


相手から「好き!」と言ってもらう太陽で口説くことをオススメする次第であります。

 

ちなみに、モーニング娘の「辻ちゃん」も・・・


太陽で口説き落とされたそうですよ!ヾ(^-^;)

 

急がば回れ。


ローマは1日にしてならず。

 

「Easy come,Easy go.」


(簡単に入ってくるものは簡単に出て行く)

 

「愛」を手に入れたいのであれば・・・


「苦労」を惜しんではならないのであります。

 

キャバ子:でも、ドンちゃんは、太陽よりも、北風だよね。ヾ(^-^;)


ドンちゃん:えっ、なんで?Σ(゚Д゚)

 

キャバ子:だって、寒いギャグばかり言ってるもん。┐(´д`)┌


ドンちゃん:( ̄□ ̄;)


【HOME】口説き術>北風より太陽!